稽古場訪問ドライバナナン編!

IMG_6202.jpgIMG_9764.jpg
さぁ稽古場からこんにちはシリーズ、最後の登場になるのは今回zoo11のために特別に結成されたユニット、ドライバナナン!演劇公社ライトマンの重堂元樹、フルブリーチのかとうしゅうや、ハムプロジェクトの彦素由幸の三人で構成される雄々しいユニット。zoo11プロデューサーがレポートします。

脚本をかとうしゅうや君が書き、他の二人で演出を(というか、全員で意見を出しあって作ってる様)つけていく方針で稽古は進められていた。

今回とても楽しみだったのは、事前に読ませて貰った脚本がとても面白かったこと。男の情けなさ、いじらしさ、哀しさが溢れてるコメディに仕上がっていた。

稽古はそれぞれの個性がぶつかり合う、zoo11の中でも屈指の男臭い作品となっていた。
お互いの受け答えを探りつつ、色々な芝居の広がりを模索している印象。これが更にぶつかり合う作品になったらと想像すると、非常に楽しみだ!
下らない、本当に下世話な話だけど、笑って眺めてるうちに登場人物の悲哀が伝わって来て、下世話さの中に、ある種の聖性が感じられるのが不思議だ。
全男子が感動する、全女子必見のボーイズライフコメディ。

たった二回のステージのドライバナナン、『枕のしたのしたの』は3日12:30からと、10日20:00から!!

プロデューサー弦巻

〔亀吉社中〕ピチピチの女子高生より

亀吉社中、ピチピチの女子高生(←死語かな)せきねです!

ヤング組の怪我の元凶は主に私だったりします…
家に帰ってすぐ、神棚に祈りました!
もう怪我は勘弁です…


今日は衣装をつけ、メイクをして通し稽古をしました。
やっぱり衣装とメイクがあると気合いが入りますね!
でもポマードの臭いはキツいですね…笑
本番まであと1週間、学校祭の準備もあって大変ですが、頑張ります!


〔劇団アトリエ〕アトリエ雑記4

201106261959000.jpg1515.jpg


ジョイフル閉まっちゃった!
なんか疲れた!
弘前劇場おもしろかった!お腹がすいた!

本田です。


芝居は役者だけでは成立しません。
芝居小屋があって、舞台があって、スタッフがいて初めて役者が演じることができます。

今回は6団体協同の演劇祭ということで、劇団の枠を越えてスタッフは協力しております。
その中心となるのが弦巻さん率いる実行委員です!

リサイクルショップを巡ったり、ホームセンターに行ったり、病院行ったり、ごみ捨て場行ったり(私だけか!?)と頑張っています。


私も実行委員の皆さんに貢献したいのですが、本日も力及ばず・・・。


さて、気を取り直してセカンドストリートに行きますか。

役立たない雑用係の本田でした。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。